病気と治療法9 | 練馬テイルズ動物病院 | 練馬区の犬猫の動物病院

犬の椎間板ヘルニア

【 犬 】
 腰を強く痛がる、後ろ足がふらつく、急に腰が立たなくなった

椎間板ヘルニアの可能性があります。

椎間板ヘルニア

脊椎(いわゆる背骨)は椎骨とよばれる小さな骨がたくさん集まってできています。それぞれの椎骨は靭帯、筋肉および椎間板とよばれる線維状の構造によって結び付けられています。椎間板は椎骨間の衝撃を吸収するクッションの働きをしています。また脊椎の中心には脊髄という太い神経が脳からのびています。
この椎間板の中心部(髄核)がとびだして、脊椎の中心にある脊髄を圧迫して損傷をおこしてしまうのが、いわゆる椎間板ヘルニア(ハンセンⅠ型)です。主な症状は背中の痛み、後ろ足の麻痺、排尿障害、排便障害などです。

【 診 断 】

特徴的な症状から、この疾患を疑うことはそれほど難しくありませんが、似たような症状をしめす疾患には、椎間板脊椎炎、脊髄梗塞(線維軟骨塞栓症)、外傷性脊髄損傷、椎体奇形、馬尾症候群、脊髄空洞症、脊髄腫瘍、末梢神経障害、脳疾患などがあります。診断や手術をおこなうためには脊髄造影検査やMRI・CT検査が必要になります。

【 治 療 】

治療は大きく分けて、手術(外科療法)と保存療法(内科療法)があります。
実際に手術をおこなうかどうかは、重症度やヘルニアの型、年齢、全身の状態などをふまえ、飼い主様とご相談した上で総合的に判断します。

椎間板ヘルニアは、重傷の場合には特に速やかな対応が望ましいと思われますので、早めに診察を受けていただくことをお勧めします。

治療例:

【 手術前 】

【 手術後 】

- 患者様ご来院エリア:練馬区 中村橋 桜台 豊島園 -
【練馬テイルズ動物病院】 〒176-0001 東京都 練馬区 練馬 3-24-18 TEL:03-5946-9933

© 2013 練馬テイルズ動物病院