病気と治療法4 | 練馬テイルズ動物病院 | 練馬区の犬猫の動物病院

乳腺腫瘍

【 犬・猫 】
 乳腺にしこりがある

乳腺にしこりがある場合、乳腺腫瘍の可能性が高いです。

犬の乳腺腫瘍は、

  • 乳腺に発生した腫瘍のうち、50%が良性、50%が悪性と言われています。
  • 良性・悪性にかかわらず、腫瘍の表面が崩れる(自潰)ことがあります。
  • 悪性の場合、末期には肺転移による呼吸困難をひきおこし、これが原因で亡くなることが多くみられます。
  • 悪性の場合でも早期発見で広範囲の外科切除により根治の可能性があります。

猫の乳腺腫瘍は、

  • 転移性が高く、早期にリンパ節・肺・全身に転移します。
  • 腫瘍の表面が崩れる(自潰)ことがあります。
  • 末期には、肺転移による呼吸困難をひきおこし、これにより亡くなることが多いです。
  • 早期発見で広範囲の外科切除により根治の可能性がありますが、しこりの大きさが2cmを超えている場合はすでに転移していることが多いです。

治療法

外科手術をおこなった後に、必要に応じて抗がん剤などによる補助治療をおこなうことが現在の主流です。
また、腫瘍の自潰によるQOL(生活の質)の低下を防ぐための緩和的手術をおこなう場合もあります。
また、卵巣から出る女性ホルモンが腫瘍の発生に関与しているため、同時に卵巣子宮摘出術(避妊手術)をおこなうことがあります(乳腺腫瘍がある犬には高率に子宮卵巣に異常があるという研究発表もあります)。

乳腺腫瘍は早期発見がとても重要です、乳腺にしこりをみつけたら早めに受診しましょう。

- 患者様ご来院エリア:練馬区 中村橋 桜台 豊島園 -
【練馬テイルズ動物病院】 〒176-0001 東京都 練馬区 練馬 3-24-18 TEL:03-5946-9933

© 2013 練馬テイルズ動物病院