病気と治療法3 | 練馬テイルズ動物病院 | 練馬区の犬猫の動物病院

耳の病気

【 犬・猫 】
 耳が臭い・耳が赤い・黒い耳垢が出る・しきりに耳をかく、頭を振る

外耳炎をおこしている可能性があります。
外耳炎を発症すると炎症を起こし、ベトベトして臭いのある耳垢がたまります。
また、かゆみや痛みをともなうため、しきりに耳をかいたり、後ろ足で引っ掻いたり、頭を振ったりします。
炎症が慢性化すると、皮膚が肥厚し、外耳道がふさがれてしまう場合もあります。
また、外耳炎が悪化すると、炎症が奥に広がり、中耳炎や内耳炎をおこすこともあります。

練馬区の動物病院 練馬テイルズ動物病院 外耳炎を引き起こす原因は様々です。
細菌や真菌が耳垢に繁殖することによって起こる場合や、耳ヒゼンダニが寄生することによって起こることがあります。
また、アトピー性皮膚炎、脂漏性皮膚炎(脂漏症、脂ろう症)などの全身性の皮膚病に併発して起こるといったケースもあります。
その他、腫瘍や異物などによって外耳道が狭まることが原因になることもあります。

外耳炎の治療は耳の洗浄が効果的ですが、あわせてその原因を取り除くことが大切です。
細菌や真菌の繁殖が原因の場合、抗生物質や抗真菌剤を用います。
耳ヒゼンダニの寄生が原因の場合、駆除薬を投与します。
また、アトピー性皮膚炎などの全身性の皮膚病が原因の場合、その治療を行います。
外耳炎は慢性化、再発しやすい病気なので根気よく治療を続けることが大切です。

- 患者様ご来院エリア:練馬区 中村橋 桜台 豊島園 -
【練馬テイルズ動物病院】 〒176-0001 東京都 練馬区 練馬 3-24-18 TEL:03-5946-9933

© 2013 練馬テイルズ動物病院