病気と治療法1 | 練馬テイルズ動物病院 | 練馬区の犬猫の動物病院

歯の周りの病気

【 犬 】
 息が臭い・顔が腫れた・鼻水・くしゃみ

このような症状の場合、歯周病の可能性があります。
歯周病は、歯垢(プラーク)によって起こる「歯の周りの病気」です。
口腔内を不潔にしていると、プラーク中の細菌が繁殖し、炎症を起こします。
特に、小型犬では歯と歯の間が狭いため歯垢が溜り、歯周病になりやすいのです。
歯肉炎と歯周炎に分けられます。

歯肉炎

歯肉の炎症による出血、腫れが特徴です。
歯肉辺縁に付着した歯垢により引き起こされます。
この状態であれば、的確な初期治療で完全に治癒します。
しかし、放置すると歯周炎に進行してしまいます。

歯周炎

歯を支えている歯周組織が破壊され、歯周ポケットが形成されます。
歯肉が腫れたり、膿(うみ)がでたりと強い痛みを感じます。
処置が遅れると最終的には歯を抜かなくてはいけなくなります。
また、歯周炎は “眼窩下膿瘍” “口鼻瘻” “顎骨骨折” “全身性細菌性疾患” のような病気に進行する事もあります。
(人で言われる歯槽膿漏とは一般的に成人性歯周炎の事を指します)

その他、まれに口腔内・鼻腔内腫瘍などの場合もありますので。鑑別が必要です。

【 治 療 】:スケーリング(歯石除去)処置

【 犬 】
犬のスケーリング(歯石除去)処置

【 猫 】
猫のスケーリング(歯石除去)処置

- 患者様ご来院エリア:練馬区 中村橋 桜台 豊島園 -
【練馬テイルズ動物病院】 〒176-0001 東京都 練馬区 練馬 3-24-18 TEL:03-5946-9933

© 2013 練馬テイルズ動物病院